写真をきれいに保つには

七五三、入学式、卒業式などのイベントに、記念として写真店で写真撮影を行う方も多いです。写真は年数を重ねると、色あせなどが見られるようになります。保管方法に気をつけることで、写真の劣化を防ぐことができます。こちらでは写真をきれいに保つためのポイントをご紹介します。

■ 劣化の原因 ■

写真にとって空気は1番の大敵です。空気中に含まれる湿気やオゾンが写真の劣化を進めてしまいます。特に湿気は色あせの大きな要因で、押し入れなどの湿気が溜まりやすい場所への保管は避けましょう。人間の肌に良くない紫外線は、写真にも様々な悪影響を及ぼします。紫外線は写真にダメージを与える漂白効果を持っており、写真の色素を分解して色あせを引き起こします。紫外線は太陽だけでなく、家庭内にあるテレビや蛍光灯などからも発せられています。また、ホコリや人の汗、指紋などは、カビや虫食いを発生させる原因となります。

■ 保存方法 ■

アルバムや写真立て、額縁などは、劣化の原因となる空気やホコリ、紫外線などから守ってくれます。フィルムはケースに入れることで空気との接触を避けられ、湿気や有害物質をガードすることができます。しかし、ケースに入れただけでは、完璧に劣化を防ぐことはできません。先述したように、保管場所にも注意が必要になってきます。湿気を避けるために乾燥した場所に置く、紫外線の当たらない暗くて通気性の良い場所に置くなどが挙げられます。これらのポイントを押さえておくと、大切な写真を守ることができます。

当店は大阪都島にある写真店です。記念写真やパスポート、就活の証明写真などの撮影を得意としております。通常サイズの写真印刷から大型印刷まで行っていますので、個人の方から経営者の方までお気軽にご利用ください。写真以外にもビデオ、カセットテープ、MDなどのダビングも行っています。大切な思い出をよみがえらせるため、様々なメディアに対応しております。都島周辺で写真店をお探しの方は、当店をぜひご利用ください。

お問い合わせ電話番号06-6180-9170


ブログ統計情報

  • 171,977 アクセス